夜更し

やえの自由帳

てやんでいコピックメイキング~って言ってるけど只の作業工程備忘録~

こんばんは。もう9月も終わりますね。

来月再来月に仕事で重責がございまして一生懸命「時が止まりますように。もしくは年末休みの日まで一気に時が飛びますように」とお祈りしております。

 

さて、先日ツイッターで診断メーカーを致しまして。

ありがたいことに17RT頂いたのでまずメイキングをやることにしました。

 

誰でメイキング作ろうかなーと悩んでたのですが、最近線画を完成させた立川志の輔師匠で作ることにしました。

f:id:atelier_te3:20160929201637j:plain

一応完成品。全てコピックで着色してます。右上は愛飲してるファミマの玄米茶です。

ではべた塗りしかしてないので一切何の役にも立ちませんがわたしの作業工程をどうぞ。

 

 

①ラフ・下書きそして線画

f:id:atelier_te3:20160929201430j:plain

師匠の好きな写真から派生して何か描けないかなぁと思いながらラフを起こします。uniの水色シャー芯を使ってます。これさぁコスパ悪いんだけどこれがないと絵が描けない…。松は一応家紋を意識。

f:id:atelier_te3:20160930003915j:image

一旦トレスして下書きを起こします。多分こん時が一番波に乗ってた。

f:id:atelier_te3:20160930003836j:image

線画を起こしました。この時の紙はマルマンのスケブ。ペンはドローイングペンです。

が、

あまりに似てないのでこの後から線画を5回描き起こし直しました。さよならわたしのスケブ…。

f:id:atelier_te3:20160930004359j:image

これ↑描いた中で一番似てなかったので載せるか迷ったけど敢えて晒しとこう。

描いててここまで遠かった時は流石にもうやめようと思ったな…間寛平ちゃんに見えたもんこれ…。

 

そして紆余曲折して一応納得がいった最終的な線画がこちら↓です。

f:id:atelier_te3:20160929201454j:plain

紙はFIG/3.5(表紙はブラック団団長カラー☆)、ペンはRUSHON DRAWING PENの0.5、顔のパーツはPILOT DRAWING PENの0.3、波と松は筆ごこちです。イラストレーターの黒田潔先生が筆ごこち使ってたので感化されて使ってます。べた塗りする時もこれ。

 

 

②着色(肌)

いきなりですが今回は折角なのでいつもやらない混色をメインで塗ることにしました。(前日にイラストレーターの霧崎らみる先生のツイキャスを見てたから)

この写真の師匠の着物の色が深い橙色だったので、肌の色も赤すぎず黄色すぎず…のところを目指していきなりの混色です。E50を塗った後にYR0000を重ねました。普段は描く人や仕上がりや線画の色や、とにかく目的によって色を変えるので決まってません。使いやすいのはE000~E00ですが。

f:id:atelier_te3:20160929201457j:plain

f:id:atelier_te3:20160929201500j:plain

R01がわたしには必須でございます。指先、耳の淵、頬に必ず使います。

f:id:atelier_te3:20160929201503j:plain

鼻に立体感を出すためにしゅっと塗っておきます。塗りすぎると「硬い紙で鼻かんだの?」ってくらい赤くなってしまうので気を付けて塗ってます。

f:id:atelier_te3:20160929201512j:plain

肌の下塗りはこんな感じ。あえて乾かしてます。それと重ね衿をさりげなくG82で塗りました。

f:id:atelier_te3:20160929201514j:plain

YR000で影を付けます。鼻の下とか首とかおでこの皺とか。でもこれだけだと寂しいので右頬を立たすためにE50、左の方が影が濃かったのでYR000を更に塗ってます。分かんないねこれだと。因みに口はRV32+E04です。

肌をねぇ塗るのが一番好きなのでこれやったら大概満足してここから雑になっていきます。それじゃあダメじゃん。

 

③服

そもそも線画で皺が描けてないのでいつも影は適当に塗ってます。影になったらいいなーと思う場所にE81とE84を引きます。

帯はYG63とかだったような…。袖口の影はE84とY28のグラデです。分かんねーよ。

f:id:atelier_te3:20160929201526j:plain

影が乾いたらY19を一気に塗ります。ここではムラがあっても気にしません。

f:id:atelier_te3:20160929201530j:plain

f:id:atelier_te3:20160929201547j:plain

橙にするために上にR02を塗り重ねていきます。持ってる橙色のコピックはどれも彩度が強すぎて笑点時のたい平師匠みたいな色にしかならなかったので今回は重ねました。

 

④髪

コピックで塗る時苦手な部位はどこですか?って問われたら速攻でもうそれも食い気味で「髪」と即答するくらい小生は髪を塗るのが苦手です。

数々のメイキングを見てきましたが、短髪で黒~白髪のおじさんしか描かないわたしには無縁…ぜひそういうメイキングお待ちしてます。

ということで師匠の髪ですが、白髪交じりなので頭の片隅にそれを置いてまず黒髪そして影のところをW7で塗ります。

f:id:atelier_te3:20160929201549j:plain

その後に白を残しておくと考えて、W5とW3で簡単なグラデを作ります。

f:id:atelier_te3:20160929201550j:plain

f:id:atelier_te3:20160929201553j:plain

細かい白髪はもうわたしの技量じゃ手に負えないのでsignoの白で描き足します。黒髪は肌の色で変えたりしますが、大概W系かN系で塗ります。肌馴染みしやすい気がします。あとさりげなくYG63で帯の模様を足して重ね衿も塗り重ねました。G82だけだと浮いてたので…。

 

⑤波と松

こっからはべた塗りしかしてません。さっきからですが。

波はB14とB18。

f:id:atelier_te3:20160929201556j:plain

松はG46(真ん中)とYG67(上下)。幹はE31とE34です。

f:id:atelier_te3:20160929201607j:plain

 

⑥グラデ

後ろの太陽をグラデします。下から黄色がくるように。R08とR05の持ち順が逆でした。

f:id:atelier_te3:20160929201609j:plain

障害物(松と海)を除けてグラデの完成です。精密さに欠けますね。

f:id:atelier_te3:20160929201613j:plain

 

⑦終わりに

これで終わっても良かったのですがちょっと寂しかったので周りを縁取ることにしました。まずYG11で塗ります。

f:id:atelier_te3:20160929201616j:plain

それをぼかします。

f:id:atelier_te3:20160929201621j:plain

で、結果的にこれでもちょっと足りなかったのでYG00で更に囲ってまたぼかしました。

そんなこんなで。

f:id:atelier_te3:20160929201633j:plain

完成です。写メなので色味があれですが…。

f:id:atelier_te3:20160929201625j:plain

f:id:atelier_te3:20160929201630j:plain

白いところはポスカです。もう一回言いますが松は家紋を意識してます。

 

f:id:atelier_te3:20160929201637j:plain

これは塗るより線画の方が時間かかったなぁ…。志の輔師匠、似顔絵描きやすそうで描きづらい…何故なら全部同じ顔になるから…!

 

いやはや、以上でございましたがこの単純作業をメイキングと称して良かったのやら。

コピックは毎度毎度塗り方を考えて変えてるのでこれ!というものはないのですが…。

とにかく申し上げたいことは、もっともっとコピックの民が増えて、更にはメイキングを晒して下さる方が増えることを望んでおります。

 

もう一回最後に言いますが松は家紋を

 

~END~