読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜更し

やえの自由帳

よってたかってログ

落語家 イラスト

こんばんみ。やえです。毎日寒くて死にそうです。因みに懐も寒いです。部屋は外より寒いです。

ということでいつものあれです。ツイッターに載せた絵たちをまとめて載せます。もう毎回この流れですね。従来ブログって読むのも書くのも大好きなんですけど、ツイッターis超便利。

でも、ここに載せるのは写メじゃなくてちゃんとスキャンしたやつです。ではどうぞ。

 

柳家の底力

f:id:atelier_te3:20161216205346j:plain

大好きな落語ファン倶楽部より。約10年前の創刊だったので一応10年前仕様で描いてます。

 

②誰に出すわけでもないのにハガキに描いた三K辰文舎

f:id:atelier_te3:20161216205334j:plain

小せん師匠があげてたあの写真が大好きで大好きで…。一目見た時から、正月絵はこれしかないと思いました(マジかよ)

 

加瀬亮ではない

f:id:atelier_te3:20161216205342j:plain

色素も薄い、線も細い、似せるのが難しいお師匠様です…。次は楽しい三Kを描くのが目標。

 

ジョブズに似てなくもない絵になった

f:id:atelier_te3:20161216205335j:plain

他意はございません。何となく純粋に素朴に心に思っただけ…。昇太師匠が若く見えすぎる…。でもこれそれよりもミミ師匠と小せん師匠が同い年ってことを描きたかった。

 

⑤オイコノミア見たよ

f:id:atelier_te3:20161216205340j:plain

いつかあの眉毛を描きたいと思っていたのですが描くタイミングが出来ました。フォロワーさんと盛り上がって描きました。わたし的には花緑師匠はこっちの髪のイメージなんだよな。

 

⑥落語睦会描いたかい

f:id:atelier_te3:20161216205338j:plain

↑描きだした最初のやつ。色まで塗ってみたものの、全く線画が気に食わずボツにしたのです。で、リベンジはかって描き直したのがこれ↓

f:id:atelier_te3:20161216205349j:plainとても好きな写真なのでした。これをツイッターに載せたら喜多八師匠のご家族がされてる?アカウントさんにイイネ貰えて嬉しかった…。

線画がダメだなぁと思いながらでもここまで描いたことがもったいなくて塗ったりするんですけど、結局だめだと思っちゃってるから塗りも雑になっちゃうんですよね。だめね。

 

⑦落語だよ!鹿児島に集合!

これはまた別記事にしようと思ってるのですが、12/11、大々的に「今日は定時に帰ります」宣言を数日前からして終業後チャリ爆走して行ってきました!

立川吉笑・笑二二人会!

f:id:atelier_te3:20161216205328j:plain

仕事帰りに落語を聴くっていうのが初めてだったんです。これは、凄く良かった。何が良かったって、すっかりわたしは江戸(江戸ですよね)に居ましたもん。例えば休みの日に落語を見に行ったとする。そしたらわたしみたいなもんはワクワクしいなのでその日はずーっと時間までそのことばかり考えているわけです。その日は仕事だったけど勿論楽しみにわくわくしてましたよ。でも働いてる間は仕事が逼迫していてそれどころじゃなくなったりする。もうすぐ定時だ、ああお疲れ様。そして帰る。身体はくたくた。いつもの疲れた体のわたしなわけです。はーあって思いながらの帰路、家に帰ったらいつもの家じゃないですか。でもこの日はわたしは江戸に居ました。体は疲れたいつものわたしの体なのに、お二方の噺を聴いてたらどんどん頭に情景が浮かんで広がって、最終的にはわたしは江戸に居たというわけです。非日常でした。これが仕事帰りの落語、最高だった。何この感想。通みたいなこと言えなくてすみません。偏差値がカスなのがバレますね。頭悪いのバレたのついでに言うと吉笑さんの「ぞおん」でしこたま笑って笑二さんの「鼠穴」でコンタクト飛び出るかと思いました。何だこの感想(二回目)

 

別記事でちゃんとしっかり覚書として書いておこうとは思ってるのですが、お二方の緩急の差が凄く面白くて、落語って笑うだけじゃないから好きなんだよなぁってぽや~~んと思いました。

 

余談ですが折角なので?絵を勝手に描いて勝手に差し上げてみました。似顔絵!!!みたいなのはどっちに転ぶかの反応が怖かったので謎のパタリロパロでお茶を濁す…。

f:id:atelier_te3:20161216205457j:plain

f:id:atelier_te3:20161216205330j:plain

裏面はこんな感じ。

あー楽しかったな。生落語はこれが納めでした。来年は年明けからずももももーっと遠征の構えです。ははは。

 

 

ここであったが百年目

イラスト 落語家

ゴブサターンです。やえです。

地味に描いてるようで…でも当社比的には全然描けませんでした。スランプと言えばそれらしい感じがするのですが…全く納得いくような絵が描けず、もうほんと描けない描けない描けない…の連続でなかなかこちらも進みませんでした。仕事が激務で疲れてたのと、技術的なものがまぁタイミング悪く複合して襲ってきちゃったんでしょうね。

でも絵を描くことだけは失くしたくなかったのでそれでも何とか描いてました…。

ツイッターに載せてた絵ですが、ここにも載せて描いてますアピール。時系列ばらばらでやんす。

 

▼いつか絶対行きたい二人会。地味にiPhoneの待ち受けにしてます。自分の。誰と誰かはご想像にお任せします。

f:id:atelier_te3:20161121232423j:plain

 

▼きょんたろー師匠の独演会in地元が取れたんです!しかも最前列!マジかよ!!!というわけでキョン師匠を久方ぶりに描いた次第でした。鬼楽しみ!

f:id:atelier_te3:20161121232431j:plain

 

▼…って嬉々として↑のキョン師を描いたのですが(11/19)、そのもっと前に桂宮治さんで全く同じ構図の絵を描いてたボキャ貧なわたし

f:id:atelier_te3:20161117231415j:plain

 

▼実家に帰ったら飾ってあったのだ。こんなんまた作りたい!成金メンバーで描こうか思案中。思案してるものばかりで何も進まないぜ!

f:id:atelier_te3:20161117231418j:plain

 

▼来月吉笑・笑二2人会に行く予定でいるのでちょっと描いてみた。というか描くにそそられる笑顔だったから必然的に描いた…。楽しみです。

f:id:atelier_te3:20161117231437j:plain

 

▼ボツ中のボツでしたが供養…。菊之丞師匠が難しすぎる…。

f:id:atelier_te3:20161117231447j:plain

 

▼とても大好きなお二人…いつか聴きに行きたい。ミミちゃん師匠と菊之丞師匠。

f:id:atelier_te3:20161121233753j:plain

 

▼ひっっっっっtttさしぶり楽しく描けた時の絵。大好きな志ん朝が描けて嬉しかった…。ぽんぽこ師匠たちと、志ん朝

f:id:atelier_te3:20161117231530j:plain

 

▼ミミ師匠。似てないね全然…。背景はフリー素材です。橋場の雪をイメージ。地獄の残業中、橋場の雪聴きながら一人黙々と仕事をしてた思い出…(なんだその思い出)

f:id:atelier_te3:20161117231539j:plain

 

▼ここからは番外編!(?)

ツイッターでお世話になっているちえりさんから着色のご依頼が来たので僭越ながら塗らせて頂きました。

何と言ってもこの線画!塗りやすくてしょうがなかった…。デジタルで塗るよりコピックの方がきちんと塗ろうとするのでコピックで塗ったのですが、拙宅のスキャナがカスなので色が全く出なかった…すみません…。

線画で既に師匠のお人柄の良さというか、師匠持前の柔らかさが出ててとても勉強になりました!

f:id:atelier_te3:20161117231641j:plain

…ってこちらが勉強させてもらったのにお礼に!とちえりさんが昇太師匠描いてくださったのでこれまた勝手に塗りました(すぐ塗る)

f:id:atelier_te3:20161117231428j:plain

これはsaiで。コピック塗りっぽくデジタルでもいけるかなぁと思ったのですが、ちょっと練習しないとな!いずれにせよ、自分以外の絵を塗るというのは本当に勉強になるもんで、なかなかない経験でした。ありがとうございました!この場で再度お礼を!

 

 

…というわけで、ちょっとここ2か月くらいかなり自分の絵に悩んでおります。この不穏な時期を抜けたら一歩自分の絵が進むと信じて諦めないでいこう。趣味だからこその悩みですね。戯言と言いますか。でも、わたしの絵を好きと言ってもらえたり、楽しみにしてると言ってもらえると、ほんとそれが原動力になるんですよね。いつもありがとうございます。

 

 

ツイッターにあげた絵たち②

イラスト 笑点 落語家

 

おばんです。すっかり寒くなりましたね。夏生まれのわたしは夏が大の苦手なのでこのシーズンが到来したことが嬉しいです。

最近絵が思うように描けず苦悩しておりまして、描きたいものが滞っているのでツイッターに載せた絵たちを載せてお茶を濁そうという寸法です(堂々)

 

①林家の爺と孫

f:id:atelier_te3:20161016201637j:plain

24hテレビのやつでこの写真見た時から描きたいー!とラフだけ起こしたものを最近になって完成させたものです…。この二人が席隣で良かったと思ってるのはわたしだけではないはず。

 

②丁子色をコピックで探す旅

f:id:atelier_te3:20161016201640j:plain

E31かなーと思って勇んで塗ったら全然違った記念。なるべく肌色とかぶりたくないからE50,51とかは避けたいなぁと思ってたんですが…おすすめがあればご教示ください…。

 

③自由な爺と律儀な孫

f:id:atelier_te3:20161016201642j:plain

笑点のEDシーンいつも面白い…仕事でほとんど見れてないのですが。前の皆がお辞儀してる中二人だけカツラぶんぶん振り回してるのも面白かったなぁ。

 

④背中をほんとに痛がるところが面白かったあの日

f:id:atelier_te3:20161016201645j:plain

名シーンでしたね。でもわたしこの日の木久扇師匠が座布団貰った時に言った「ありとうざいぁーす」が軽すぎて大好きでした。

 

⑤名コンビは描いておかないとね

f:id:atelier_te3:20161016201652j:plain

こちらも好きな写真から。これ描いたあとにもっと引きの写真を発見して全部描けば良かったとへこんだ一枚。

 

⑥練習

f:id:atelier_te3:20161016201706j:plain

デジタルが苦手なので単調ですが…。

また改めて記事にする予定でおりますが、これを描いた次の日が春風亭一之輔師匠の独演会だったのです。その独演会でフォトグラファーむーちょさんの写真展も開催されてたんです。後日これ詳しく書きますからね。

そこにSWAの写真もあって、「ひえー!わし昨日SWA描いたけどこうやって改めてまじまじ師匠方のお顔見るとわしの絵似てねー!」ってなって目だけ真面目で口元にやにやしてました。また後日詳しく書きますからね。

 

仕事が忙しくてなかなかあれですが練習も込めてリクエスト等あればお気軽にお問合せ下さい!^マ^